北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
うしまつり
Category: 未分類  
 町内の乳牛が集まりニセコ町家畜共進会が開催されました。
この共進会は、町内で飼われている乳牛のコンテスト、体の立派さや、容姿の美しさを競い合う家畜のコンテスト。酪農の人びとは、理想の乳牛にかけた 日々の努力の成果が認められる訳で、家族で、応援に行きます。

usi_maturi4.jpg
usi_maturi.jpg
usi_maturi5.jpg
usim_maturi1.jpg

blog11.jpg
 会場には、ニセコの酪農家が愛情を込め、手塩にかけて育てた自慢の乳牛34頭が登場し
各年代別に、酪農牛っぷりを競いました。
いつも、牛舎でじっとしてる事の多い牛たちも、この日のために、ウオーキングの練習、シャンプーリンスして、ヘヤークリームでチャーミングアップ。 直前まで、ボディーラインの調整に、バリカン・ブラッシングと ここ一番の晴れ舞台。
こんな牛なら、うちも飼いたいなって思ってしまうほどです。

blog10.jpg

ニセコ町には、40年ほど前、雪印乳業のバター工場なんかがあって、一時は、酪農基地として 40戸
800頭の牛が飼われていて 盛況名産業だったが、農家の減少に伴って 現在は、10軒ぐらいの酪農家に減少してきました。前は、いっぱいいた牛屋さんも 少なくなって、さびしい。

blog09.jpg

また、当日は酪農関係者以外にも共進会を楽しんでもらおうと「うしまつり」も同時開催。
ウサギやヤギとのふれあいコーナーや乗馬体験コーナー、乳製品の試食コーナーなどが登場しました。
 前日の雨と当日の強い日差しで蒸し暑い気候でしたが、うしまつり会場には、ちいさな子ども達も大喜び、親子ずれで賑わっていました。みんな、動物たちとのふれあいを楽しんでいました。

blog08.jpg
共進会は、後志・全道・全国と、地域が大きくなって、日本一の牛を決めていきます。


Comments

Leave a Comment