北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
ご近所、 「楽一」の頼さん そば打ちを、デンマークで披露
Category: 未分類  
北海道新聞9/9 小樽後志 面より
【ニセコ】デンマークの首都コペンハーゲンで8月24、25日に開催された食に関する国際的なシンポジウム「MAD(マッド)」に、町内の「そば処(どころ) 楽一(らくいち)」店主の頼立(らいたつる)さん(67)が日本の料理人としてただ1人招かれ、そば打ちなどを披露した。他の参加者とも親睦を深め「多くの人がニセコのことを覚えてくれました」と話している。

 シンポジウムは、英国の専門誌が選ぶ「世界のベストレストラン」で1位になったコペンハーゲンの有名レストラン「NOMA(ノーマ)」の経営者が設立したNPO法人が主催した。
news9.jpg

 今年で4回目を迎えたシンポのテーマは「料理とは?」。頼さんによると、日本の料理人の参加は3人目という。初日のプログラムに世界各国の料理人、大学教授ら11人とともに出演し、オープニングで15分ほど「そば打ち」「ゆで」など一連の工程を披露した。

 頼さんの確かな技は熱烈な拍手喝采を受け「(パスタを打つ母親や祖母を思い出し)涙を流して飛んで来たイタリア人がいました」と振り返る。

 ニセコ町のマークが入った手拭いを持参し、レセプションの席などで他の参加者に配って交流、互いのまちの食材について情報交換も行った。

 頼さんは東京出身。19歳でニセコに移住した。ペンション経営などを経て52歳の時、趣味で親しんでいた手打ちそばの店をニセコアンヌプリ国際スキー場に近いペンション地区に開いた。蘭越産のソバを使い、お客の顔を見てからそばを打つなどこだわりの味を提供している。


Comments

Leave a Comment