北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
ガーデニング2
Category: 未分類  
カントリー イン ミルキーハウスは、今年で31年になるペンション。最初は道路下の笹原を切り開いた建築現場みたいな感じでスタートしたけど、毎年、建物の周りに庭を広げていった。笹の根をおこして、芝生を植えて、低いとこには、道路工事で出た廃土を 何とか、ただで、分けてもらって 家の回りに 入れてもらった。
ダンプにして100台分ぐらいの土が入ってるだろうか?

花壇をつくって、はじめは、1年草を植えていた。次第に宿根草や、どこから来たかも判らない 土地の雑草、名前の判らない野草がはびこった。 いろんな所から、もらったり、移植したりして、どの草花、木々も思いである面々だ。

アイヌネギ
これは、ニセコ道の駅の直売所で 売っていた ギョウジャニンニク(アイヌネギ)の 花が咲いたあとの実。
普通、アイヌネギは、若い時に 採ってしまうので花や実は見ることは、すくないだろう。

ウド2
これがウドの花。アンヌプリスキー場は、かってウド畑みたいで、ウドが大きく成長して、見事な花を咲かせていた。
うちの敷地の中にも、ウドやワラビが、ニョキニョキあちこちで育ってくるが、これからという時期に採って食べようとは思わない。 それぞれ見守って 大きく成長させて、毎年、再会を喜んでいる。
このウドは、厨房の排気口の下に成長してくる したたか者だ。
毎日、油臭い排気を受けているにかかわらず、大きく成長して花を咲かせる。

ガーデニング13
 擬宝珠(ぎぼうし)家の回りで日陰には、この擬宝珠がはびこって、夏前に 涼しげな花を楽しませてくれる。
もともと、日本や東アジア原産で シーボルトがヨーロッパへ持ち帰って以来、ヨーロッパやアメリカでも品種改良が進み 海外けらいろんな品種が入ってきてる。いろいろな葉色のものや斑入り種などが多数あります。夏から秋にかけて、白色から藤色、紫色などの花を咲かせます。別名で、「ホスタ」とも呼ばれます。

ガーデニング17
そこら中に 幼木が育って 知らないうちにスルスル伸びていく。知らないうちに、木の種が土につき、夏場に草刈などの 手の及ばないところなら、2・3年のうちに背丈以上の樹木に育ってくる。電信柱の横に育った、 イタヤカエデ。そのうちに、電柱を保護するために、刈られてしまうかも。 

ガーデニング18
知らないうちに、大きな茂みになったアサギリソウ。日本海の海岸で、岩にしがみついて育っていた朝霧草が印象的。野生の力を持ち合わせてるのか 毎年大きな茂みな育っている。


Comments

Leave a Comment