北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
オオウバユリの咲く頃
Category: 未分類  
林道の日陰の道ばた、あちこちで「オオウバユリ」が咲き出した。
去年から、オオウバユリの当たり年で、あっちこっちの日陰で、ひっそりと咲き出している。
がっしりと強力な茎で、独特の雰囲気を漂わせて、1つの茎に同時に何本もの百合の花を咲かす。まるで、前世紀の植物みたい、薄暗い森の奥で、恐竜がのし歩いてそう。
オオウバユリ2
初めは、テカテカした紫っぽい光沢のある 葉が、6月頃からは、逞しくすくすく伸びてくる。さらに、開花前には、擬宝珠のような大きな蕾が大きくふくらみ、見た事のないような、百合状の花がたくさん現れる。 

オオウバユリ
アイヌの人々が、春に、この根を掘り出して、食料としたそうだ。秋には、面白い姿のドライフラワーになって、ペンションの室内のインテリアになる。

一回繁殖型多年草で、芽生えてから花が咲くまでに何年もかかりますが、花が咲くとその株は枯れてしまうのです。花が咲く頃、乳母(ウバ)の歯のように、葉が枯れて、かけてしまう。
という のにかけて、ネーミングされたようです。

オオウバユリ3


Comments

Leave a Comment