北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
ダチョウの卵
Category: 未分類  
この写真、丸いもんは、メロンとかフルーツ 野菜なんかじゃなく、たまご!
ニセコの奥の、豊里地区にある ダチョウ牧場。早朝に 牧場ツアーで いつもよく行くので ある日、ダチョウの卵を持ってきてくれた。「この玉子はな~、今朝の雨で 水に濡れてしまって、もう置いとけないから 持ってきたんや。」「大将のアイデアで なんとか物にならないか~?」
ダチョウ牧場の人

クッキーやサブレーを作って お土産にしたり、卵の殻絵を書いてインテリアにしたり、殻を彫刻にして、インテリア・スタンドにしたり、してるらしい
とりあえず身内食で使おうと、まずは、殻割りが大変だった。ホームセンターで買ってきてた、ホールソーが大活躍。
電動ドライバーにセティングしてマルイ穴をあけて、大きな黄身と白身を取り出した。ホールソーで穴を開ける
メスが、10日~2週間に 1このペースで産んでるらしい。昼から夕方にかけて、小屋や、放牧場を探して取ってくるとか。この玉子、1個で2000円で、道の駅で売ってるということだ。
ダチョウの卵をとる
ダチョウの卵 1個分で なんと普通の鶏の卵20個分もあるという量の多さにびっくり。
だし巻きや。オムレツにすれば、30人分ぐらいだろうか、ちょっと食欲が、引っ込んだりする。味は、淡白で普通の卵と 変わらなかった。白身の腰が強くって 混ぜるのに時間かかる。とりあえず、だし巻きをつくってみたが、綺麗に巻くのが ちょっと大変だった。

これが、黄身と白身
egg_20100607182247.jpg
さすがに、殻は、表面がツルツルしてハードな材質で、一見 プラスティックの製品みたいにも見える。これならなかなか壊れないから、なんかになりそうな予感。


Comments

Leave a Comment