北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
蘭越町 町営牧場 「川上牧場」
Category: 未分類  
国道5号線の昆布市街のはづれ 道々豊浦ニセコ線が、昆布川に沿って伸びている。
何となくふらっと、ドライブに出た時など、吸い込まれるようにして昆布川沿いに、奥に奥に遡っていくことがある。 この沿線には、時間をかけて探ってみたい、ミステリアスなところが、いくつかあって
時間の経過、とニセコの歴史を考える、楽しいコースだ。
採石場を過ぎると過疎の農家を過ぎ、白樺の森の中をどんどん 遡って高原状の牧草地がひろがる。 左手に、川上牧場の看板が。 ここから、未舗装の狭い林道が、森の奥に延びていく。
蘭越町には、あちこちに町営牧場があるが、山菜採りや、渓流釣りに来る人ぐらいしか 訪れることはない。
今年は、家畜の放牧は、行っていないが、採草地として使用している。
kawakami_bokujyou2.jpg
生ゴミの処理場を越すと、牧草地の上にでる農道が続いている。幌内山(841m)の山麓に広がる100ha以上の広々した 草地が広がっている。東の方には、昆布岳東山麓に広がる、新富開拓地の
牧草地が、遠くにひろがり 大規模な酪農・畜産地帯であることが解る。
集約的な農業が行われている、羊蹄山麓一帯では、ちょっと見られない、広々としたスケール感が、楽しい。
kawakami_bokujyou4.jpg
町営牧場とは、畜産家から 6月~10月の間 主に育成中の若牛を 1日 1頭につき100円~200円の管理料で、預かって、自由に放牧管理する施設。 牛たちは、牛舎こそ無いが、野外で、自由に走りまわり 草をはむ。 畜産家は、5ヶ月の間 餌代や世話などの手間を省ける、合理的なシステムだ。
牧場の中の 大丈夫かと思える オフロードを抜けていくと、道々に出てくる。ちょっとした冒険だ。
kawakami_bokujyou.jpg
この出口にあった 豊浦町 新富酪農村の奥澤牧場、看板が変わってて、思わず写真を撮った。
20年前に開業した時は、大規模酪農構想があって、開拓された地区らしい。
kawakami_bokujyou3.jpg


Comments

Leave a Comment