北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
39回 ポテト共和国フィールドツアー
Category: 未分類  
神威岬の海浜植物で花見! ニセコ鏡沼湿原植物の花見!39回 ポテト共和国フィールドツアーが、6月27~28日に行われました。
自分たちの住むニセコ高原の自然のこと、野鳥・野の花たち・生き物を もっと勉強しようとガイドの方々を招いて開いた勉強会が、このフィールドツアーの始まりでした。
もう二十数年以上、毎年つづいてきています。札幌から、二十数人の参加者がありました。
どなたも、大ベテランで、鳥や、植物のエキスパートの方ばっかり、 主催者が、いろいろ教えてもらうことと なります。
kamui1.jpg
絶好の晴天に恵まれれ、初夏の積丹半島は、たくさんの観光客で、神威岬の遊歩道は、ごった返して、植物の観察会は、通行の邪魔になっていたかも? いつもは縁のない 海浜植物に 興味は尽きません。 ほとんど例年こられる 常連さんがほとんどで、和やかなウオッチングツアーになりました。
kamui2.jpg
有名な、積丹ブルーの海岸線。 海底の岩なんかも 透き通って見えています。
kamui3.jpg
翌日は、これまた晴れた暑い一日でした。 いつもひっそりしている鏡沼。今年から、ヒラフのウエルカムセンターに常駐している、自然ガイド研修の方や当日参加の、香港や ニセコの別荘オーナーも参加して、賑やかな観察会です。写真の外人は、ニセコ在住のアメリカ人、ロバートなんと本業は画家で、漢字のデザインのTシャツもつくっています。

kagami1.jpg
1番、みごとだったのが、ワタスゲ。
kgami2.jpg
湿原の中心部に一面に、ツルコケモモの本当に小さな花が、この花、5㍉ぐらいの小ささで、写真に撮るのもたいへん。 ツルコケモモは、9月には、赤い実がなります。
kagami2.jpg
この後、ペンションに帰って、山菜の天麩羅を、メインにした昼食会を楽しんでいただきました。
最後に、ニセコの温泉で汗を流して、札幌までバスで送っていきました。
次回は、9月にまた予定しています。


Comments

Leave a Comment