北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
ニセコの シバザクラ庭園
Category: 未分類  
5月中旬から 北海道ではどこの家の花壇でも、シバザクラが見事だ。
この花、芝桜(ハナシノブ科)別名 モスフロックス・ハナツメクサで 宿根草。 この花が咲き始めると、春が待ちどうしい雪国にも、春が確かに来たんだと、うれしくなる。
北海道では、日本一広い 紋別郡遠軽町白滝のシバザクラ公園や、女満別空港の近く大空町の東藻琴のシバザクラ公園が 有名で、5月中旬には、あと一カ所、上湧別のチューリップ の花見を目当てにして 北海道に来る観光客も多い。
 この春、ニセコには、広大な公園こそないが、胸を打つ、シバザクラの庭園が、倶知安駅の裏にあるのを発見した。
シバザクラ
倶知安町の旭地区、JR倶知安駅の裏にある「二世古酒造」の工場をさらに 奥にあがっていくと 前は、農業をやっていた 三島さんの シバザクラ庭園が、視界に飛び込んでくる。 一目で、ただ者ではない規模に 驚き、さらに 完備されたお客用の駐車場や、きれいに整備された散策道、洗濯ものから作業用具など 家の私物など一切見られない整然とした家並みにさらに驚愕。
sibazakura2_20090615173654.jpg
花を見に来た お客さんの接待に大わらわの三島さんは、60代の、元気なおじいちゃん。農業を卒業して、芝桜の栽培を5年前に 趣味で始めたとのこと。すべて、手作りの 三島さんの庭園を、一緒に歩きながら 今までの苦労とか これからの構想を話してくれた。 でもすべてが 無償の行為で、 「花を見る人が喜んでくれれば良いんだ」という。
目がきらきら輝いて、いかにも楽しそうだ。 これだけの規模となってくれば、おじいちゃん 1人でたいへんだろうに、気の遠くなるような作業に夢をはせるおじいちゃんの生き方は、爽快な発見だった。
sibazakura3.jpg
sibazakura4.jpg
sibazakura5.jpg

実は、これは、10年ほど前の 倶知安 旭が丘公園のシバザクラ。 でも今は、雑草が茂って、こんな感じには、とても見えない。
sibazakura6.jpg

次の写真も、10年前に、有名だった倶知安 八幡地区の 田んぼの畦の、シバザクラ。 田んぼの水面に羊蹄山を映して カメラマンの間では有名な、ビューポイントだった。 ここも、管理してた おじいちゃんが亡くなって、この景観が無くなってしまった。
きれいに咲かせるには、人の手が必要。 花が終わったら、雑草取りなど 1年先に向けて、まめな 世話がいる。世話が、いき届かなければ、雑草に負けてしまう。
sibazakura7.jpg


Comments

Leave a Comment