北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
春の模様、融雪剤のモザイク
Category: 未分類  
yuusetu.jpg
3月も,20日を過ぎると、ニセコのヘビースノーも、力をなくし 普通の年には、雪が降ることもなくなってくる。3月下旬には 除雪車も、どっかに行ってしまい、不意の降雪の時には、頼りになる いつも走って来る、奴が来なくて パニックになったりする。
ニセコのゲレンデの上の方に上がって、展望を楽しむと、ある日突然、白い雪原に、モザイク模様現れる。 
街の人にとっては、ちょっと、おもしろい風景かもしれない。
畑の、融雪剤のもモザイク模様は、冬の降雪の終わりを祝う、雪国のの風物詩かも。

yuusetu2.jpg
農家は、雪が降らなくなると、畑の雪が、早く解けるように融雪材を散布する。
畑にまく融雪剤は、炭の粉のようなパウダー。これは 火力発電所から出た灰を粒状にした物で これを散布と ,畑で雪が消えるのが 撒かないところより、7~14日も早まります。
農家にとっては、無積雪の半年が、勝負の時期。 少しでも早く雪が消えて、収穫の時期まで、十分な時間を確保したいもの。 
道路の融雪のために撒く ケミカルの融雪剤は、塩化カルシウム。
白いつぶつぶした薬品で、これとは、別物。


yuusetu3.jpg
早朝の,雪がまだ堅い頃、融雪材散布用のモービルに乗って、撒いていく。春1番の外仕事。
あまり早く撒きすぎると、あとで降った雪を かぶってしまうので、天気予報と にらめっこで 作業を決める。


Comments

Leave a Comment