北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
二世古酒造 見学ツアー
Category: 未分類  
今滞在中の、ジェフとマイケルは、大の日本酒ファン!
毎晩、ジャパニーズ サキ サキ! と叫んでは、日本酒の空き瓶がゴロゴロ空いて、ドンだけ強いのか? スタッフも毎晩入れ替わりに、つきあって飲んでるけども体がもたないよ、、、 
深夜12時以降は、勝手にやってもらってる。
二世古酒造の数ある日本酒を、飲みあかした 彼らは、酒造り を見てみたいという話になった。
酒好きの お客さんを連れて 倶知安にある二世古酒造のファクトリーに 見学を申し込む。
maikel10.jpg
大正5年から続いていた旧二世古酒造が廃業になり、 売りに出ていた酒蔵を不動産業を営む父である先代(会長)が醸造権ごと買い取ったのは昭和47年。

専務水口清さんは札幌から倶知安町へ移り住み、先代に酒蔵を託され、兄(社長 汪さん)と共に造り酒屋を始める。 旧二世古酒造から働く数名の従業員の協力で一から酒造りがスタートした。
何種類あるんだろう? 数ある二世古酒造のボトルを背に、利き酒のノウハウを 熱く語る 水口専務。
いつもは、電話で話をするが、5時過ぎにかけると いつも酔っ払ってるように聞こえる、、、
maikel11.jpg
説明の日本語は、意味分からないので退屈。
もっぱら試飲してばかりのマイケル。この時点で目が据わってかなりまわっている。
maikel12.jpg二世古酒造の冬期間には清酒の原点ともいわれる活性清酒も造られる。 これは期間限定(11月から3月)の主力商品で、発砲性のにごり酒である。 寒い時期に寒い地方で造られるか冷蔵施設が整う蔵が主に生産している。 熱処理はせず、生の状態であるがゆえ、扱いが難しく売り先も限られ、全国でも希少なため市場でも滅多にお目にかかれない。

12月から3月の間だに 出荷される 活性酒。 蓋には、穴があいて発酵で出てくるガスが抜けるようにしてある。
左のボトルは 今年から 販売が始まった 黒米も加えたうす黒い活性酒。
この時期にだけ飲める酒ということで、フレッシュな爽やかな風味。
でも、結構効くので、飲み過ぎに注意。
maikel13.jpg
工場の一番奥に並ぶ醸造タンク室

酒造の、心臓部となる。 3月中旬まで、ここで製造作業が行われる。忙しい日が続く。
maikel15.jpg


maikel14.jpg2007年から始まった、焼酎製造の蒸留器。 じゃがいも焼酎をはじめコーヒー焼酎まで、様々なブランドがある。
水口さん曰く
「男らしい人に飲んでもらいたい。そして男らしく割らないで飲んでもらいたい。 ストレートで飲む為の乙類ですから。 割って飲むんだったら、うちの蔵の酒を飲む必要はないでしょう。 焼酎もストレートで飲んでいただきたいと言う私の希望です。 そういう方向性を北海道で最初にやる先駆者ですから 駄目であろうが今まで来た訳ですから、焼酎もそういう飲み方をしてほしい。 二世古イコール原酒。焼酎も原液で飲んでもらいたいです。」


maikel16.jpg
このスペースが、ボトル重点とラベル貼りの 行程の仕事場。
100年近く経った うす暗い倉庫だが、ピィーンと張り詰めた 神聖な空気があった。
一本一本にはニセコの風土が息づき、 キレ味、香り、飲みやすさは 二世古に滞在する 人のの心を掴むことになるだろう

有限会社 ニ世古酒造
〒044-0083
北海道虻田郡倶知安町字旭47番地
TEL:0136-22-1040
FAX:0136-23-2110


ニセコアンヌプリスキー場、今日で、ナイターは最後です。
Category: 未分類  
march1_20120317162635.jpg
ゲレンデサイドの部屋からは、ナイターの明かりがこんな感じで、とてもきれいだ。
12月上旬から 毎晩9時頃まで 楽しめたゲレンデのライトアップも 3月24日、今日が最後。明日からは、4時半でゲレンデは、終了になる。
syouei2.jpg
今年もミルキーハウスのイルミネーションは、こんな感じ。
トウキョウが、スカイツリーなら、ミルキーは、イルミネーション ナイトツリーだ。
syouei4.jpg
march7.jpg
march5_20120317162636.jpg

syouei3_20120317162636.jpg


ゲレンデに飽きたら、ハーフデー ツアー
Category: 未分類  
本州が、ひどい大雨でも 北海道は寒くって、また新雪が20cmほど積もった。
3月の 思いがけない新雪に 大喜びかと思ったら、北風がひどくリフトも止まってしまった。
こんな時、ミルキーハウスでは急きょ ハーフデーツアーを企画。

下の写真は、真狩村にある 羊蹄の水の吹き出し口。ここは、車で、たくさんなラブ湧水乃蛇口に横付けできることから に中は、水汲みの人が、たくさん来られる有名な水汲み場でもある。
maikel09.jpg
この横にある、豆腐工場「湧水乃里」は、直売所で20種類以上の 製品無料試食ができる 人気ポイント。
tofu0.jpg
暖かい、豆乳、オカラ入りのドーナッツ類 豆乳入りのくず餅、団子類、できたての様々な豆腐・湯葉のバリエーションなど 豆腐好きなら 絶対お勧めのお店。
日本の豆や、豆腐の食文化を 堪能できる。
tofu1.jpg
ニセコのダチョウ牧場として有名になったここも、まだ深い雪の中。
道々66線から、豊浦方面にちょっと入った所 ニセコ町の豊里にある 隠れた人気ポイントだが、放牧地は、まだ1mを越す雪。牛や馬、ダチョウたちは、室内にいた。
maikel06.jpg

真狩村とニセコ町の境にある 第2高橋牧場におじゃまして 無理を言って牛舎の中を見せてもらった。
ここは、この辺では一番大きな 酪農の牧場。100頭の乳牛がいて 4名のスタッフで やりくりしている。
広い敷地に建つ、日本離れした、絵になる牧場だ。
maikel07.jpg
maikel08.jpg


積雪480cm の実力
Category: 未分類  
今年は、ニセコの雪は、当たり年。ミルキーハウスの回りで、3mほど、ゴンドラ駅の終点あたりが、4.8mの雪がある。
この時期になると、当然 全層雪崩の恐怖が、つきまとってくる、
maikel21.jpg
幸い、気温は、氷点下の日が続き 寒い、雪が解けない。
maikel02.jpg
ゲレンデでは、雪崩に注意の写真看板が、オフゲレンデ滑降する人に 注意を喚起している。
maikel20.jpg
2003年の4月に起こった、大沢の全層雪崩の写真。
maikel19.jpg


香港の 素晴らしいお客さん
Category: 未分類  
もうスキーシーズンも終わり日かずいてきた。ニセコのリフト料金も 3月12日から オフシーズン料金になって 安くなった。雪の降る日も少なくなって新雪が恋しい ニセコだ。
温かい日差しの中 明るい春山のスキーが楽しめる。 春スキーが始まってる。
syouei1.jpg
香港からのお客さん。寺脇康文に似た顔つきしてる。まだ、去年にニセコに来て、病みつきになったとかで、スキーは初心者レベルだけど、気持ちはあつい。
march0.jpg
ペンションを初めて32年目になる。
いろんなお客さんが来るけど、本当にお客さんに恵まれていると思っている。
素晴らしいお客さんが来るから、楽しいんだ、続けられるんだ。
syouei.jpg
お客さんが、好きになれなくなったら、ペンションを やめなきゃ ならないかも。


春のバードテーブル
Category: 未分類  
"

akagera.jpg


bird0.jpg
bird1.jpg


bird_20120315015308.jpg

susi0.jpg
tr1.jpg squirrel.jpg


ミルキーハウスのチーズフンデュ
Category: 未分類  
milk が大好きな オーナーは、乳製品が 大好き。
ミルキーハウスという ペンションを開くきっかけになったのも 北海道に来て、牧場の実習生になったから。
酪農家の牧場で、毎日 搾りたてのミルクを 楽しんでるうちに みんなにこのおいしさを知って欲しいと思った。
 美味しいチーズフォンデュ を探してレストランを巡ったり、スイスに行って本場のフォンデュも食べ歩いたりした。 お客様に 自信もってだせる 我が家の チーズフォンデュ があるよ、


march2.jpg
チーズが糸を引くように なめらかに延びて、延びて クルクル巻き付けないと 食べられない
アルコールランプの炎を調整して、チーズが熱々の状態をキープするのが、食べる人のコツ、
放っておくと 土鍋に焦げ付いたりするから へらで、こまめに かき回す、
cheese_fondu_20120406125438.jpg

普通のフォンデュは、フランスパンだけで食べるが、ミルキーハウスのフォンデュ ディナーのコースだと フライドポテト、人参のグラッセ、ブロッコリー 鶏もも肉のフライ サーモンフライなんかもついてくるので、これとチーズをからめて 味わえる。
meal71.jpg


ドイツから来た、常連さんも、これは美味しいと 太鼓判!
なんせ、本場スイスの エメンタルチーズ と グリエールチーズを仕入れて マスカットワインの中で暖めて やさしく溶かしていく、
march1.jpg
北海道産の、ゴーダーチーズも混ぜて風味アップ 出す直前には キルシュワッサーで風味付けしている。かすかに甘いフルーティーな風味や、こくのあるチーズの味わいも楽しんでください。
chees_fondu2.jpg

朝食には、毎朝 高橋牧場からの直送 無調整ミルクがつくよ
meal86.jpg


元ワールドカップ フランス代表 ミルキーハウスに来る!
Category: 未分類  
ミルキーハウスにも国際的なスキーヤーがやってきました。 フランスのメリベルというスキー場にいる、ガイドの
ニコラとフランソワさんです。
何年か前に、ワールドカップにも出たという実力派のお客さんです。
今回はロシアのお客さんをニセコ ツアーに連れてきて ガイドしています。ミルキーハウスには6泊。
ニセコらしいふかふかのパウダースノー、新雪はなかったけど、ダイナミックな春スキーを楽しんでいきました。
nicora0.jpg
体力モリモリなのか 毎晩、深夜 1時~2時までおきていて インターネットばかりしていました。
フランソワさんが、2mを超す長身です。
ミルキーハウスのお客さんでは、オープン以来、32年間で最高の身長の人というレコードを打ち立てました。
べッドを二つくっつけて 対角線になるように、斜めに寝てもらいました。

march4.jpg

メリベルというゲレンデは、フランスでは、シャモニーと並ぶ有名なリゾートで、アンヌプリみたいな山が、10個ぐらいあるそうです。
来る、2015年には、ワールドカップがあるとか、今年は、例年になく大雪で 大きな雪崩が起こらないように ダイナマイトで人工の雪崩を起こしてるそうです。
スキー場の上のほうはは、3000mの標高で、アルプスの岩山。稜線からのエクストリームスキーの写真をいっぱい見せてもらいました。今回は、パウダースノーを期待してたらしいけど、新雪がなくてすいません。

march3.jpg

これが、お土産の本場のチーズ。上の紙が、チーズが入っていた包装紙です。この絵が、チーズ屋さんから見たメリベルの町並みだそうです。
フランソワさんが、この塔の横の家が、僕の家だよといってました。
メリベルの町は、人口が3000人ほど ニセコ町(4500人)より小さいのには、びっくりしました。
march5.jpg

チーズは、くせがなく芳醇な味で、本場の雰囲気。 鮮度がよくて 日本で出回ってる 輸入品とは、違う味でした。、


Snow Man 
Category: 未分類  
3月に入って、お客さんが、めっきり減ってしまいました。さいわい3月下旬まで、少ないですが、毎日お客さんが続いているのでスタッフのなかでは、休まれないとか、ぼやきながらも じっくり時間をかけて 丁寧な料理を楽しんでいます。今年も、いろいろメニューが増えてきました。

fine_day.jpg
この頃は、毎日、こんなに天気がいいんです。日焼け止めが入りますよ。汚い顔のネイティブが増えてきました。
アンヌプリが、頂上まですっきり見えてる 春スキーの日和が続きます。

この頃、立て続けに来てくれている香港のお客さんが、大好きなのが、「雪だるまづくり」Snow Manづくりに熱中すして、あっちこっちに できている。

入れ替わり来られた、香港から来た 家族連れと、カップルのお客様、夜の10時ぐらいまで頑張って、かわいいSnow Man を作っていきました。
snowman2_20120313124937.jpg
3段の Snow Man と2段の Snow Man どっちが本当なのかな?
この時期は、雪が固くなってだるまをつくるのも大変な仕事です。
新雪が無くて、スーパーハウスの屋根にある まだ柔らかい雪を丸めて 雪だるまをつくってました。
 
snowman_20120313124936.jpg

nicora1_20120315030428.jpg



ミルキーハウスが、テレビの取材を受けました。
Category: 未分類  
札幌のテレビ局 HTBのエンプロという番組が、ミルキーハウスに取材にきました。
ミルキーハウスの別館 コテッジに宿泊するという設定で、本館の部屋の撮影や、夕食をカメラに撮っていった。
internew2.jpg

コテッジに泊まっても ミルキーハウス自慢の食事は、こんな感じで食べれますよという説明。
コテッジではキャンピングカーの車内で 調理をしたり 遅くまでリゾート滞在をレポートしていました。

internew.jpg

暖炉の火をおこして、時間をかけて撮っていきました。
ただ、放映されるのは、深夜 1時過ぎの番組とか、、、どんな人が見てるのか?
実際、遅すぎて、オンエアーも確認できませんでした。