北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
ニセコの 雲海と朝霧
Category: 未分類  
10月になると、昼と夜の気温差が広がって、週に1度は、きれいな雲海や朝霧が見えるようになります。
早朝の牧場ツアーでは、こんな時には、早起きした物の特権、みんなカメラあをバチバチ写して、帰ってから自慢してます。
asagiri5.jpg
朝霧は、川面や谷間に最初わき起こるんですが、時間を追って風や太陽の昇り方、雲の状態で予想の出来ない変化をします。ある日は、町を埋め尽くすような きれいな雲海になる時もあるし、どんどん上昇して見てる者も 朝霧の中に覆い隠してしまうこともあります。
asagiri_20111127092204.jpg

asagiri2.jpg
昆布方面の 朝霧がきれいに見える 絶景ポイント!
hinode_20111127092202.jpg


ニセコで、気になる遺跡
Category: 未分類  
この建物、ニセコとか後志地区の観光資源を紹介する雑誌、「シーニック バイウエイ」の表紙に たびたび紹介されている。 気になった方も多いんでは?
場所は 実は、ニセコ町からたった10分ぐらいの 近くにある。

国道5号線を蘭越方面に10分あまり、「昆布」市街から昆布小学校に入る。道裏の神社横になにげなく建っている。
正面に【昆布座】と りりしく書かれた建物 昭和まさか大正時代の昔の栄華を 感じさせる。
現在 建築会社の倉庫として使用されているようだ。
konnbuza.jpg

ニセコ町豊里地区にある 旧デンプン工場跡? 
ニセコ三ノ原線沿いにある。 横には、廃墟となった畜舎跡も見える。近くにダチョウ牧場があり、隠れた観光名所とあって、ドライブがてら訪ねてくる観光客も少なくはない。
dennpun_factry1.jpg

dennpun_factry2.jpg

dennpun_factry3.jpg


キノコ採り
Category: 未分類  
今の季節、森の中を、ちょっと散歩すれば 在るワ~! アルアル! 木の根元に、キノコがニョキニョキとでてきてる。
どれが食用 で、どれが毒キノコなのか? これがくせもので キノコの生長によって、全く姿を変えるので、なじみのキノコは、察しがつくけど 怪しいキノコが ゾロゾロ出てくる。
kinoko_20110930010645.jpg

よく見かける ホテイシメジ
秋にアカマツやカラマツなどの針葉樹や広葉樹の林内地上に群生する。酒を飲む時のちょこに似ている姿から「ちょこだけ」などとも呼ぶ地域もある。 このきのこをアルコール類といっしょに食べると中毒して悪酔いする。酒といっしょに食べられないのに「ちょこだけ」などとは、 実にまぎらわしい名をつけたものである。もちろん、アルコールぬきなら何の心配もいらない。
hoteisimeji.jpg


オシロイシメジ  
キノコの表面に白粉を塗ったように見える事から命名されたのかもしれません。独特の生臭く感じる菌臭があるので好き嫌いがあるようですが、いちど塩漬けにしてから食べると良いようです。
osiroitake.jpg

タマゴダケ
かさは直径6~20cmで、美しい朱色~紅色、周辺に放射状の溝線があります。ひだはやや蜜で黄色。臭いはほとんどありません。くきは黄色の地に橙色の段だら模様があり、上部に橙黄色の膜質のツバと根元に白色袋状のツボがあります。幼菌はこの中に納まり、突き破って生長します。美しく鮮やかなきのこで、いかにも毒きのこという感じで、実際に食用としている人はまだまだ少ないようですが、優秀な食用きのこです。ただし、毒であるベニテングダケに形や色が似ているので特に注意。
tamagotake.jpg