北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
ニセコの晩秋、収穫するぞ!
Category: 未分類  
pampkin1.jpg
pampkin.jpg
IMG_0282_20101022042812.jpg
pampukin5.jpg


ニセコ ハロウィン 2010 10/17(土)に開催
Category: 未分類  
ニセコ フェスティバルの最後のイベント ニセコハロウィン パーティーが、10月16日に、ニセコアンヌプリスキー場のヌックアンヌプリで行われました。
aki_gaikan2.jpg
ニセコ町の、アンウプリに近い 小田切農場と、宮田地区の 岩崎ファームが尽力して ハロウィンカボチャを 5月から育ててきた。ニセコの街に3千個以上の カボチャが飾られて、ニセコフェスティバルのシンボルになっている。もともと、カボチャのランタンを作って悪魔達の 厄払いをするためのハロウィンカボチャだが 幸運を呼ぶために、玄関の周りに 大量に飾ってある。
halloween6.jpgアンヌプリポテト共和国のペンション村での“トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうゾ!)”仮装した子供達が、恐る恐る ペンションに入って 無愛想なオーナーから お菓子をせしめていく。今年は、3回目とあって、300名の参加者に 成長しました。
倶知安町に200名 ニセコ町に80名の外人登録があり ハロウィンの行事に こぞって家族ぐるみで参加して楽しんで来たのをコアとして、札幌のファミリー、グループなどを巻き込んで ハロウィンの輪が、今年も広がってきました。
6.jpg
今年は、2週間前倒ししたので、暖かい天気で 外を歩いてても気持ちいい。去年までは、10月末で 雪が舞っていた。

hallowwin_20101022014025.jpg
ジャック・オ・ランターン カボチャのランタンをつくります。悪い霊を怖がらせて追い払うため、怖い顔やおもしろい顔を作り、ハロウィンの晩、家の戸口の階段に置きます。
pampukin4.jpg
この世とあの世をウロウロしている悲しいジャックという老人の霊が この灯りを持っているので「ジャック・オー・ランタン」(Jack-o’-lantern)と言うそうです。(お化けカボチャ、カボチャちょうちん)は、オレンジ色のカボチャをくり抜き、目や口を刻み入れ、内側からろうそくで照らしたもので、最もハロウィンらしいシンボルです。

9.jpg
7.jpg
hallowin.jpg
hallowin1.jpg


ニセコ高原の ランドマーク 羊蹄山 登山
Category: 未分類  
ニセコ高原の ランドマークの山 羊蹄山(1,898m)に10月7~8日に登ってきました。
9合目の避難小屋に1泊して、5時半ごろに ご来光を 頂上で見てきました。
sun_rise.jpg
以外と、風はなく 気温も10度ほどで 気持ちよく頂上のお鉢巡りが出来ました。
sun_rise7.jpg
京極町の上空です。厚い雲が、街を覆っています。東の空に日は昇っていきます。
sunrise_20101022013235.jpg
お鉢の、中です。昔の噴火口跡。標高差200mほどあります。頂上には、噴火口跡は3こ在ります。写真は最大のもの。
sun_rise2.jpg
ヒラフスキー場です。黒い影は、羊蹄山の山陰です。 影の上の白い建物は、ヒルトン ニセコ ヴィレッジ。
ニセコアンヌプリ(1,308m)が、丘陵地みたいに みえてしまいます。
sun_rise4.jpg
今年、改装が終わって中は、きれいになった避難小屋。料金は、素泊まりだけで 1人800円、他に毛布の貸し出しが1枚につき 200円。 オーナーは2枚借りて、上下にひいて寝た。番人の近藤さんが、石炭ストーブを調節して、温かくしてくれたから、ストーブのそばで気持ちよく寝ることが出来た 感謝!
sun_rise5.jpg
避難小屋は、10月11日に夏期営業を終了。番人は、下山する。冬期利用者は、南側の2階の出入り口から 小屋に入ることが出来る。来年6月、第1日曜日オープンまで 無人になる。